News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

胎生初期に発生する組織マクロファージの起源

米国国立衛生研究所(NIH) 向山洋介

液学や免疫学の教科書には,造血幹細胞がリンパ球系前駆細胞(T細胞やB細胞)とミエロイド系前駆細胞(赤血球や血小板やマクロファージなど)に分かれ,種々の血液細胞に分化するという造血モデルが記載されている.しかし胎生初期の組織では,ミエロイド系前駆細胞由来単球細胞および単球系マクロファージが出現する以前に,原始マクロファージが血管外間葉組織で観察されることから,造血幹細胞-単球由来とは異なるマクロファージの起源が考えられた.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9
脳神経回路リモデリング
ヒトの個性と心の根源への挑戦

榎本和生/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート