News & Hot Paper Digest
トピックス

ヒト遺伝子ノックアウト研究のはじまり?

自治医科大学分子病態治療研究センター人類遺伝学研究部 中山一大

物医学の大きな目標の1つは,すべてのヒト遺伝子の形質・疾患への影響を明らかにすることである.しかし,ヒト個体の遺伝子改変実験は事実上不可能であり,またモデル動物研究からのアプローチも限界があるので,現存のヒト集団中に存在する機能喪失型変異のホモ接合個体を発見・観察することが最も直接的な手段となる.ところが,これまで変異探索の対象だった主たるヒト集団では,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年7月号 Vol.35 No.11
ユビキチン化を介したオルガネロファジー
不要なオルガネラを認識・分解するオートファジー

松田憲之/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート