News & Hot Paper Digest
トピックス

DNA複製終結反応に必要なユビキチンリガーゼとp97複合体

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

Cullin-RINGユビキチンリガーゼ(CRL)は,基質タンパク質をユビキチン化する.プロテアソームによる直接的な分解だけでなく,近年はシャペロンとして知られるp97複合体(CDC48/VCPともよばれるAAA六量体)がユビキチン化タンパク質を認識し,膜や染色体上からユビキチン化された基質を引き抜くことで,細胞内のさまざまな局面で機能していることが注目されている.今回紹介する2つの論文は,DNA複製の終結反応に関与するCRLとp97複合体経路を報告した1)2)

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年7月号 Vol.35 No.11
ユビキチン化を介したオルガネロファジー
不要なオルガネラを認識・分解するオートファジー

松田憲之/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート