News & Hot Paper Digest
トピックス

ゲノム編集医療のルール作りがはじまる

北海道大学安全衛生本部 石井哲也

在に遺伝子を改変できるCRISPR/Cas9などのゲノム編集技術はすでに,米国や中国でエイズやがんの治療法に向けて17の臨床試験が進行中だ.一方,CRISPR/Cas9はヒト受精卵の遺伝子変異修復に向けた基礎研究(子宮移植は行わず,試験管内のみの実験)に使われ,中国から3つの論文が発表されたが,拙速な生殖利用での重大事故やデザイナーベビーのような乱用が危惧されている.

ゲノム編集医療の開発が世界で急速に進む状況を受け,平成29年4月12日,厚生労働省で専門家会合が開催され,「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」(以下,遺伝子治療指針)の見直しがはじまった.早ければ年内に改正となるかもしれない.ゲノム編集医療の規制を巡る論点は何か.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年7月号 Vol.35 No.11
ユビキチン化を介したオルガネロファジー
不要なオルガネラを認識・分解するオートファジー

松田憲之/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート