News & Hot Paper Digest
トピックス

摂食調節研究のパラダイム・シフトー摂食調節に流れる3つの時間

群馬大学生体調節研究所 佐々木 努

食調節を司る分子・神経基盤の主な機序に,栄養情報によるフィードバック制御がある.この概念は,1940年代にはじまる神経破壊実験から,生理活性物質・阻害剤投与実験,そして遺伝子組換え動物実験を経て確立された.この恒常的なフィードバック制御の中枢を担うのが,摂食促進性のAgRPニューロンと摂食抑制性のPOMCニューロンだ.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年1月号 Vol.36 No.1
どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!

荒川和晴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート