News & Hot Paper Digest
トピックス

2種類の人工塩基を有するDNAアプタマー

山梨大学生命環境学部 山本美月,川上隆史

プタマーとは,標的とする分子に特異的に結合する人工核酸や人工ペプチドのことである.現在,アプタマーは,抗体と同様の標的結合分子(リガンド)として,医学や生命科学の研究をはじめとするさまざまな分野で広く研究・利用されるようになってきている.しかしながら,天然(未修飾)の塩基のみからなるDNAやRNAアプタマーは,抗体などのタンパク質リガンドと比較すると化学構造レベルでの多様性が低いため,その有用性は,まだ限定されてしまっているという問題点がある.これに対して,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年1月号 Vol.36 No.1
どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!

荒川和晴/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート