News & Hot Paper Digest
トピックス

アクチンレトログレードフローの意味

山口大学理学部 岩楯好昭

胞遊走は神経細胞のネットワーク形成から単細胞アメーバの移動にまでみられる細胞の普遍的な運動様式の1つである.遊走の分子メカニズムは,アクトミオシンの収縮による細胞後端の退縮と,アクチン重合による細胞前端の伸長,さらに後端の退縮が引き起す水圧による前端の突出(ブレビング)である.細胞前端の伸長を詳しく見てみると,前端の伸長と同時に,重合したアクチンフィラメントが伸長と反対方向に移動していることがわかる.このアクチンの移動はactin retrograde flow(ARF)とよばれ,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年1月号 Vol.36 No.1
どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!

荒川和晴/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート