News & Hot Paper Digest
トピックス

エピゲノム制御の障害が
膵β細胞を脱分化させる

徳島大学先端酵素学研究所糖尿病臨床・研究開発センター/
たまき青空病院 田蒔基行

尿病患者においては,高血糖状態が遷延するとインスリン分泌が低下し,インスリン分泌が低下したせいでさらに血糖値が上昇する.古くからこの現象は「糖毒性」として診療の現場で広く知られている.これまでに糖毒性の原因は,高血糖にともなって誘導される酸化ストレスや小胞体ストレス,オートファジー機能障害などで膵β細胞機能が障害されたり,アポトーシスが誘導されることなどが原因だと考えられてきた.しかし近年になって,膵β細胞が内分泌前駆細胞へと脱分化してインスリン分泌をやめてしまうことや,他の内分泌細胞へと分化転換することが,膵β細胞数の減少やインスリン分泌低下に深く関与することが示された(Talchai C, et al:Cell, 150:1223-1234, 2012).ただ,そのメカニズムとして高血糖状態の遷延が膵β細胞の脱分化の強力な誘因であることは示されているものの,脱分化を引き起こす詳細なメカニズムは不明な点が多い.


.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年8月号  Vol.36 No.13
サイズ生物学
“生命”が固有のサイズをもつ意味とそれを決定する仕組み

山本一男,原 裕貴/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート