News & Hot Paper Digest
トピックス

ミクログリアは免疫記憶するか?

東京大学大学院薬学系研究科薬品作用学教室 大柿安里,池谷裕二,小山隆太

クログリアは,しばしば脳内常在性マクロファージや脳内免疫細胞と称されるが,この表現の妥当性を裏付ける実験的証拠は不十分であった.今回紹介するNeherらの研究グループの論文は,ミクログリアに免疫記憶機能があることをはじめて示した(Wendeln AC, et al:Nature, 556:332-338, 2018).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年8月号  Vol.36 No.13
サイズ生物学
“生命”が固有のサイズをもつ意味とそれを決定する仕組み

山本一男,原 裕貴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート