News & Hot Paper Digest
トピックス

微生物の化合物組立てラインの合理的な改変

京都大学エネルギー理工学研究所 仲野 瞬

リボソームペプチド(NRP)は,mRNAを鋳型としたリボソームによる翻訳ではなく,非リボソームペプチド合成酵素(NRPS)とよばれる巨大な酵素複合体により合成される,微生物の二次代謝物である.NRPには抗生物質や免疫抑制剤等に利用される数々の生理活性化合物が見出されている.NRPSはアミノ酸ごとにくり返し構造をもつ「モジュール」によって構成されており,各モジュールは特定の機能を有する「ドメイン」に分割できる.モジュールを構成する基本的なドメインとして,基質アミノ酸の選択および活性化を行う「Aドメイン」,縮合を行う「Cドメイン」,アミノ酸の係留・受渡しを担う「Tドメイン」が挙げられる.アミノ酸ごとに対応したモジュールが連結,複合化し,1つのペプチド生成物に対して1つの酵素複合体が工業的な「組立てライン」のように中間生成物を受け渡しながら,段階的に合成を行う.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年8月号  Vol.36 No.13
サイズ生物学
“生命”が固有のサイズをもつ意味とそれを決定する仕組み

山本一男,原 裕貴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート