News & Hot Paper Digest
トピックス

改良養子免疫細胞療法の絶大な効果-転移性末期乳がんが完全消失

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院柏木 哲

国立がん研究所のRosenberg医師らは,以前より患者がん組織より腫瘍浸潤リンパ球(tumor-infiltrating lymphocytes,TILs)を単離,増殖させた後,再移入する養子免疫細胞療法を試みていたが,効果にばらつきがあることが課題であった.この度,腫瘍特異的変異抗原(ネオアンチゲン)へ反応性のあるT細胞を選択的に増殖後,移入する改善を施行したところ,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年9月号 Vol.36 No.14
疾患を制御するマクロファージの多様性
マクロファージを狙う治療戦略の序章

佐藤 荘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート