News & Hot Paper Digest
トピックス

タンパク質の相分離が長期記憶を形成する分子機構

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

RNA結合タンパク質は,天然変性領域(intrinsically disordered region:IDR)を介して濃縮され液滴(droplet)を形成して相分離(phase separation)を起こす.相分離は,膜のない細胞内小器官であるストレス顆粒などの形成に関与している.今回,RNA結合タンパク質であり,ストレス顆粒の構成要素であるTLS/FUSの相分離現象が細胞内の長期的な空間記憶を誘導するという画期的な報告がなされた(Dine E, et al:Cell Syst, 6:655-663.e5, 2018).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年9月号 Vol.36 No.14
疾患を制御するマクロファージの多様性
マクロファージを狙う治療戦略の序章

佐藤 荘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート