News & Hot Paper Digest
トピックス

アクチンの新たな使命の発見

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻 養王田正文

クチンは,単量体のG-アクチンが重合した線維状のF-アクチンを形成し細胞質の構造を支えると同時に,細胞の運動,分裂,細胞内物質移動などのさまざまな機能を担っている.アクチンは核内には存在しないと言われていたが,G-アクチンとアクチン関連タンパク質(actin-related protein,Arp)が核内に存在し,クロマチンリモデリング複合体の構成因子としてクロマチンの構造変換に関与することが明らかになった (Kapoor P, et al:Nat Struct Mol Biol, 20:426-432, 2013).一方,核内にF-アクチンが存在し,転写制御や遺伝子リプログラミングに関与することが示唆されていたが,明確な証拠はなかった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年10月号 Vol.36 No.16
脂肪の量と質を制御する
脂肪毒性の新たなメカニズムを理解してメタボ克服に挑む

菅波孝祥/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート