News & Hot Paper Digest
トピックス

平成30年・特許法改正と医薬品研究への影響

日本大学法学部 加藤 浩

許出願前に公表された発明は,新規性を失うため,特許を受けることができないのが原則である.ただし,発明者が発明を自ら公表(論文・学会発表など)した後,「所定の期間」(新規性喪失の例外期間)に自ら特許出願した場合には,所定の手続きにより新規性は失われない.これを,新規性喪失の例外という(特許法30条).

日本では,これまで新規性喪失の例外期間は,公表から「6カ月」とされていたが,平成30年・特許法改正により,「12カ月」に延長された.この改正法は,平成30年6月9日に施行され,現在,「6カ月」から「12カ月」に段階的に移行されている.

今後は,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年10月号 Vol.36 No.16
脂肪の量と質を制御する
脂肪毒性の新たなメカニズムを理解してメタボ克服に挑む

菅波孝祥/企画

新刊・近刊  一覧

新時代が始まったアレルギー疾患研究
もっとよくわかる!炎症と疾患
臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患
決定版 オルガノイド実験スタンダード
Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門
心不全のサイエンス
ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程
カエル教える 生物統計コンサルテーション
現代生命科学 第2版
腸内細菌叢 健康と疾患を制御するエコシステム
研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート