News & Hot Paper Digest
トピックス

平成30年・特許法改正と医薬品研究への影響

日本大学法学部 加藤 浩

許出願前に公表された発明は,新規性を失うため,特許を受けることができないのが原則である.ただし,発明者が発明を自ら公表(論文・学会発表など)した後,「所定の期間」(新規性喪失の例外期間)に自ら特許出願した場合には,所定の手続きにより新規性は失われない.これを,新規性喪失の例外という(特許法30条).

日本では,これまで新規性喪失の例外期間は,公表から「6カ月」とされていたが,平成30年・特許法改正により,「12カ月」に延長された.この改正法は,平成30年6月9日に施行され,現在,「6カ月」から「12カ月」に段階的に移行されている.

今後は,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年10月号 Vol.36 No.16
脂肪の量と質を制御する
脂肪毒性の新たなメカニズムを理解してメタボ克服に挑む

菅波孝祥/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート