News & Hot Paper Digest
UJAだより

海外留学「やってみれば,なんとかなる」ー留学のすゝめ2018@日本生化学会

UJA 赤木紀之(金沢大学)/本間耕平(慶應義塾大学)

者の皆さんは,「海外留学」について考えたことはあるだろうか? われわれUJA(United Japanese researchers Around the world)では,留学やキャリアパスの情報共有を目的に,日々活動している.去る9月24日,第91回日本生化学会大会では「留学のすゝめ2018」をUJAとしては初のシンポジウム企画として開催した.本稿ではその模様を紹介したい.

シンポジウムの前半では,海外留学後に研究員,大学教員,民間企業,米国ベンチャー企業に着任,あるいはラボを主宰するに至った方々に,留学後の多彩なキャリアパスについて紹介いただいた.まず三嶋雄太さん(京都大学iPS細胞研究所)に,留学経験が帰国後のキャリアパスにどうプラスに働くかを,科研費獲得と共同研究の経験を交えて語っていただいた.坂本直也さん(広島大学)には,日米の病理医の違いや,ミシガン金曜会立ち上げの経緯,今でも続いている共同研究を紹介していただいた.黒田垂歩さん(バイエル薬品株式会社)からは,米国での研究者としてのキャリアが現在の製薬会社での仕事にどうかかわっているか,そしてボストンのR&Dの「エコシステム」を日本でどうつくるかについて語っていただいた.清水佐紀さん(Maverick Therapeutics)には,研究者から米国で就職する経緯とその実際について,ざっくばらんな経験談をお話ししてもらった.最後に北郷明成さん(UCLA)に,米国での研究の波乗りについて,グラント獲得の大切さ,ポスドク時代におけるラボ運営能力の必要性について話していただいた.概して,海外生活に当然ある苦労のなかにも「やってみれば,なんとかなる」というポジティブなメッセージが共通しているのが印象的だった.

図1

クリックして拡大

シンポジウムの後半は視点を移し,研究留学を支援する法人担当や大学での学生指導の立場にある方々からの発表をいただいた.古川修平さん(日本医療研究開発機構/AMED)に,HFSP Postdoctoral Fellowshipsのご紹介をしてもらい,日本発のすばらしい国際グラントを,当の日本人研究者がいかに取り損ねて(!)いるかを再認識させられた.中塚淳子さん(日本学術振興会/JSPS)からは,最近増えている国際共同研究支援事業の内容や,海外の研究者を結ぶJSPS-NETについて紹介していただいた.そして川口哲さん(科学技術振興機構/JST)からは,「さきがけ」の事業が,研究費とポストの両面で,現在海外にいる日本人研究者の支援になっている現状を紹介していただいた.北原秀治さん(東京女子医科大学)には,海外との連携のなかで研究マインドをもった女性研究者を育成するための東京女子医科大学の取り組みについて解説していただいた.これらの発表を通して,現在は若手研究者をサポートする体制がかなり強化されているにもかかわらず,全体としては海外留学へのモチベーションが上がらない現状が見えてきた.

以上のトークを受けて,日本人研究者が世界で活躍するためのしくみづくりや,海外でサバイブするための具体的な議論を総合討論として行った.そのなかではUJAとして「留学の有効性」や,「確度の高い活きた情報」を留学希望者にどのように発信できるか,米国の企業に就職するためにはどのタイミングで留学するべきか,などの質疑応答が行われた(制限時間後も議論が尽きず,ロビーにて討論を継続!).また本学会で創立60周年を迎えた「生化学若い研究者の会」の関係者の方とも話をすることができ,今後,研究者主体の団体として,情報交換やコラボレーションの可能性を考えることができ,今後,研究者主体の団体として,情報交換やコラボレーションの可能性を考えることができた.懇親会では「漠然と留学を考えていたが,今回のシンポジウムで具体的なイメージを持つことができた」など,若手研究者の嬉しい感想を聞くことができ,たいへん充実したシンポジウムであったと実感している.登壇者の皆様,参加者の皆様には,心より御礼申し上げる.

2019年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年1月号 Vol.37 No.1
なぜ、いま核酸医薬なのか
次なる創薬モダリティの本命

井上貴雄/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート