News & Hot Paper Digest
トピックス

2型糖尿病治療薬メトホルミンの肝臓における真なる薬理機序

東北大学大学院医工学研究科 神﨑 展

2型糖尿病治療の第一選択薬として最もよく使用されるメトホルミンは,肝臓の糖新生を抑制することによりその血糖降下作用を発揮することが古くから知られているが,その薬理機序は不明な点が多い.特に,数多く報告されている薬理研究での投与量はかなり高いことも多く,実際の治療時に処方されるメトホルミン用量において,どのような薬理機序が治療効果として真に貢献していているのかは想像の域を出なかった.Madirajuら(Madiraju AK, et al:Nat Med, 24:1384-1394, 2018)は,肝臓でのメトホルミン濃度を厳密に調整できる実験系(肝門脈投与など)と放射性代謝基質のトレーサー実験を駆使することにより,この難題に明快な答えを与えた.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年1月号 Vol.37 No.1
なぜ、いま核酸医薬なのか
次なる創薬モダリティの本命

井上貴雄/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート