News & Hot Paper Digest
トピックス

がんは,バトンタッチで再発するー基底細胞がん研究から得られた新知見

ボストン大学歯学部 妹尾 誠

ん治療が功を成し,いったんは健康をとり戻したはずなのに再発し,やがて命を奪われてしまう患者の数はあまりにも多い.「どのようにしてがんは再発するのか?」の問いに答えることは,がん撲滅にとって緊急かつ必須の課題である.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年2月号 Vol.37 No.3
時間生物学からサーカディアン・メディシンへ
24-hour societyに挑む概日リズム研究のステージチェンジ

八木田和弘/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート