News & Hot Paper Digest
トピックス

新規がん治療薬開発に力を入れるGSK社,低分子STINGアゴニストの研究結果を報告

MSA Partners

GlaxoSmithKline(以下GSK)社は,インターフェロン遺伝子刺激因子(STING)アゴニストの前臨床研究の結果を2018年11月7日付で科学誌Natureに発表した.

小胞体に局在する膜タンパク質のSTINGは,病原体由来のDNAと自己DNAの自然免疫センシングを担う受容体である.STING経路は,がん,自己免疫疾患,感染症,老化関連疾患を含む複数疾患分野で治療標的として注目されており,STING経路を調節する治療薬やワクチンアジュバントの開発が進められている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年2月号 Vol.37 No.3
時間生物学からサーカディアン・メディシンへ
24-hour societyに挑む概日リズム研究のステージチェンジ

八木田和弘/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート