News & Hot Paper Digest
トピックス

乳幼児期の腸内細菌叢が,免疫疾患である1型糖尿病の発症に関与する

徳島大学先端酵素学研究所糖尿病臨床・研究開発センター専門研究員/たまき青空病院糖尿病・内分泌内科 田蒔基行

存知のとおり,腸管内には多種多様な細菌が生息し,腸内細菌叢を形成している.腸内細菌叢は食物の分解補助や,酢酸・プロピオン酸・酪酸といった短鎖脂肪酸(SCFA,short chain fatty acid)の生成を行うことが知られている.一説によるとヒトが利用するエネルギーのうち,5〜10%はSCFAとその大きな部分を占める.このように腸内細菌叢は代謝において重要な役割を果たすため,肥満や代謝疾患である2型糖尿病と腸内細菌叢の研究は積極的に行われてきている.一方,1型糖尿病は免疫の異常によってインスリンを産生する膵β細胞が破壊されることにより,インスリンが枯渇する自己免疫疾患である.近年では意外なことに,免疫疾患である1型糖尿病の発症と乳児期からの腸内細菌叢の変化に関係があることが多数報告されている.今回,多施設より903名の3〜46カ月の乳幼児の10,000以上の糞便サンプルを用いて,経時的な腸内細菌叢の変化とその後の疾患発症との関係を評価したThe Environmental Determinants of Diabetes(TEDDY)studyが報告されたので,紹介する(Stewart CJ, et al:Nature, 562:583-588, 2018,Vatanen T, et al:Nature, 562:589-594, 2018).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年2月号 Vol.37 No.3
時間生物学からサーカディアン・メディシンへ
24-hour societyに挑む概日リズム研究のステージチェンジ

八木田和弘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート