News & Hot Paper Digest
トピックス

ゲノム編集における非相同末端結合の利用

産業技術総合研究所 富井健太郎

Cas9を利用したゲノム編集技術は瞬く間に広まり,さらなる開発,改良が陸続として行われている(こうした昨今の動向は,実験医学増刊 Vol.34 No.20「All Aboutゲノム編集」に紹介されている).ゲノム編集は,Cas9(などのヌクレアーゼ)によるDNA二本鎖の切断とその修復を応用した技術である.DNAの修復機構は,相同組換え修復(homology directed repair;HDR)と非相同末端結合(non homologous end joining;NHEJ)に大別される.本稿では,NHEJ修復経路を利用した場合でも最終産物を相当程度予測可能であることを示した最近の研究(Shen MW, et al:Nature, 563:646-651, 2018)を紹介する.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年2月号 Vol.37 No.3
時間生物学からサーカディアン・メディシンへ
24-hour societyに挑む概日リズム研究のステージチェンジ

八木田和弘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート