News & Hot Paper Digest
トピックス

遺伝子発現のホットトピック“RNA四重鎖”

熊本大学先端科学研究部 井上舞美,勝田陽介,井原敏博

アニン豊富な配列をもつRNAは熱力学的に安定なRNA G-quadruplex(RGq)とよばれる高次構造を形成する.RGqは重要な生物学的プロセスに関与しているといわれており,細胞内での機能について現在さまざまな研究が進められている.近年の研究によって,RGqがタンパク質翻訳反応の抑制を行っていること(Kumari S, et al:Nat Chem Biol, 3:218-221, 2007)や,逆転写酵素阻害をすること(Hagihara M, et al:J Am Chem Soc, 132:11171-11178, 2010),スプライシングに関与していること(Cammas A & Millevoi S:Nucleic Acids Res, 45:1584-1595, 2017)などが報告されている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年4月号 Vol.37 No.6
神経変性疾患の次の突破口
脳内環境の恒常性と異常タンパク質の伝播・排除

富田泰輔/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート