News & Hot Paper Digest
トピックス

PD-1阻害剤の投与時期変更で神経膠芽腫に効果

エモリー大学ウィンシップがん研究所 大須賀 覚

経膠芽腫(glioblastoma:GBM)はきわめて予後の悪い脳腫瘍で,平均3年生存率はわずかに10%ほどである.GBMに対しての治療はこの20年近くの間に大きな進展はみられておらず,有効な新治療法の発見が望まれてきた.

PD-1阻害剤をはじめとした免疫チェックポイント阻害剤は多種類のがんに対して有効性が確認されてきた.しかし,GBMに対しては十分な治療効果を示すことはできず,ごく一部のミスマッチ修復機構の欠損ももつ症例での有効性が確認された程度であった.そのため,投与時期を変えたりなどのさまざまな研究が行われてきた.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年4月号 Vol.37 No.6
神経変性疾患の次の突破口
脳内環境の恒常性と異常タンパク質の伝播・排除

富田泰輔/企画

新刊・近刊  一覧

新時代が始まったアレルギー疾患研究
もっとよくわかる!炎症と疾患
臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患
決定版 オルガノイド実験スタンダード
Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門
心不全のサイエンス
ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程
カエル教える 生物統計コンサルテーション
現代生命科学 第2版
腸内細菌叢 健康と疾患を制御するエコシステム
研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート