News & Hot Paper Digest
トピックス

腸管の恒常性に不可欠なシリアル化糖鎖

岐阜大学 糖鎖生命コア研究所(iGCORE)木塚康彦

管は,複数種の上皮細胞がタイトジャンクションでつながった構造をしており,栄養や水分の吸収,細菌や食物からのバリア,免疫応答,腸内細菌との共生,といったさまざまな機能を果たす.バリア,免疫,共生機能の不全は,潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患の原因となるが,詳細な発症メカニズムはまだ不明である.腸管上皮は組織と外界とが接する最前線であり,上皮細胞表面に発現するさまざまな糖鎖がその相互作用の制御に関与する.さらに粘液の主成分であるムチンには大量の糖鎖が含まれており,糖鎖が腸管機能の恒常性に重要な役割を果たすと考えられる.実際に,上皮細胞内のFUT2により合成されるフコース含有糖鎖や,ムチンに大量に付加されるO- GalNAc型(ムチン型)糖鎖は,粘液による微生物の排除や腸管免疫と密接なかかわりがあることが報告されている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

DOI:10.18958/7031-00004-0000180-00

2022年7月号掲載

  • 腸管の恒常性に不可欠なシリアル化糖鎖(6/21更新)
  • 消化した死細胞を糧に消火せよ(6/28更新予定)
  • がんの一生を知る ―骨髄増殖性腫瘍の1細胞全ゲノム解析から見えてきたがんの前半生(7/5更新予定)
  • プレプリントサーバーJxiv(ジェイカイブ)の開始と展望(7/12更新予定)
  • 若手研究者の画期的成果が集い交流を深めたUJA論文賞2022(7/12更新予定)
本記事の掲載号

実験医学 2022年7月号 2022年7月号 Vol.40 No.11
睡眠医学
眠りの分子・神経基盤を解明し、睡眠異常へ介入する

上田泰己/企画
サイドメニュー開く

TOP