News & Hot Paper Digest
UJAだより

若手研究者の画期的成果が集い交流を深めたUJA論文賞2022

小野原大介(エモリー大学), 久保田 穣(ペンシルバニア大学), 冨田祐介(広島市立広島市民病院), 河野龍義(インディアナ大学/UJA理事)

UJA論文賞は海外で活躍する日本人研究者の研究論文を評価して広く発信することを目的とした企画である.アメリカ中西部のインディアナ州で,根岸英一先生(2010年ノーベル化学賞)が審査委員長を務める「優秀論文賞」として2015年に設立されて,今回で7年目となる.コロナ禍を契機に2020年よりオンラインでの開催となったが,アメリカ国内の研究者団体と共同開催することで,むしろ対象地域や研究分野を拡大してきた.2022年5月8日(日本時間),UJA論文賞2022のオンライン授賞式が開催された.本稿ではUJA論文賞2022の開催における取り組みと,授賞式当日の様子について紹介したい.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

DOI:10.18958/7031-00004-0000184-00

2022年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2022年7月号 2022年7月号 Vol.40 No.11
睡眠医学
眠りの分子・神経基盤を解明し、睡眠異常へ介入する

上田泰己/企画
サイドメニュー開く

TOP