めざせ実験の達人-トラブル回避のコツと最新キットで極める!
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
めざせタンパク質定量と染色の達人
Question

Q12. スタンダードに用いるタンパク質の選び方がわかりません!

Answer
A.一般的なタンパク質定量法では,スタンダードタンパク質としてウシ血清アルブミン(BSA)が多用されるが,Bradford法を用いた場合は,BSAではなくウシのγグロブリン(イムノグロブリンG)をスタンダードとして用いることが推奨されるので留意しよう
Bradford法を用いた場合は,BSAの発色は一般的な他のタンパク質よりも強くなる(逆に,概してBCA法はBradford法よりはタンパク質間の発色差が少ない).なお,論文には必ずタンパク質定量の際に使用したスタンダードタンパク質名を明記しよう.

Q11 少量サンプルの測定定量と染色のQ&A一覧へQ13 SDS化サンプルの測定

TOP

プロフィール

森山先生
森山 達哉(Tatsuya Moriyama)
京都大学農学部食品工学科卒.同大学院農学研究科修士課程,博士課程ののち,京都大学食糧科学研究所助手 等を経て2005年に近畿大学農学部講師,2008年准教授.その間,1996年米国スタンフォード大学招聘研究員(1年間).毎日多くの元気な学生たちと一緒に,食品成分の生理機能性(特に脂質代謝への影響)と安全性(特にアレルゲン性)に関する研究を行っている.基礎研究だけでなく,社会の役に立つ「アウトプット」を意識した研究を進めています.
<著作>
サイドメニュー開く

TOP