科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版〜実例とポイントでわかる申請書の書き方と応募戦略
書籍を購入する

科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版

実例とポイントでわかる申請書の書き方と応募戦略

  • 児島将康/著
  • 定価 3,800円+税
  • 2017年08月発行
  • B5判
  • 252ページ
  • ISBN 978-4-7581-2081-4
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10万人以上が活用してきた科研費応募のバイブル,2017-’18対応の最新版!今版では,新たな審査区分,審査方式,申請書の様式を丁寧に解説.応募戦略,申請書の書き方,採択・不採択後の対応など,ノウハウを大公開!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4内容見本5内容見本6内容見本7内容見本8内容見本9
今年度の申請、準備は大丈夫? “科研費獲得” セミナー
Facebookページのご案内

編集部より改訂作業の様子やその他情報をお知らせするfacebookページを開設しました.ぜひごらんください.

『Smart Lab Life』のご案内

Smart Lab Life』は,研究費や英語,統計など,研究生活を応援する情報をお届けするポータルサイトです.羊土社が運営しています.


目次

書き込んで使おう! 科研費申請To Do & Checkリスト

1章 科研費の概略

1.科研費とは?

2.科研費の種類─科研費にはどのような種目がある?

3.審査区分(応募分野)の種類

4.審査のしくみ

5.申請から採択まで

6.科研費の現状について─平成28年度のデータより

7.科研費の基金化,調整金,合算使用

8.科研費に関する資料

9.他の省庁・民間組織が公募する研究費

コラム

2章 科研費応募の戦略

1.応募種目の選び方

2.審査区分(応募分野)の選び方

3.採択課題の調査─審査区分を選ぶにあたって①

4.審査委員は誰?─審査区分を選ぶにあたって②

5.研究パートナー(共同研究者)の選び方

6.科研費申請のアイデアのまとめ方

コラム

3章 申請書の書き方

1.申請書を書く前の注意点

2.研究課題名

3.研究目的

4.研究計画・方法

5.今回の研究計画を実施するに当たっての準備状況及び 研究成果を社会・国民に発信する方法

6.研究業績

7.これまでに受けた研究費とその成果等

8.人権の保護及び法令等の遵守への対応

9.研究経費の妥当性・必要性

10.研究経費の明細について

11.研究費の応募・受入等の状況・エフォート

12.挑戦的研究の申請書について

13.日本学術振興会特別研究員の申請書について

コラム

4章 申請書の仕上げと電子申請

1.申請書の見栄え

2.図の挿入

3.電子申請の実際

4.最後のチェック

コラム

5章 採択と不採択

1.採択されたとき

2.不採択のとき─採択されなかったら,どうする?

3.次回の応募に向けての準備

4.科研費以外の研究費への応募の可能性

コラム

巻末付録

そこが知りたい! 科研費なるほどQ&A

実際に採択された申請書① 基盤研究(B)の例

実際に採択された申請書② 挑戦的萌芽研究の例

『第3章 申請書の書き方』より抜粋

科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版 立ち読み1 科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版 立ち読み2
  • ※「速報」では常に変更している科研費の制度に関して,本書の内容から更新された情報を児島先生に随時紹介していただきます.

【速報】平成30年度公募の要点と申請書の書き方:その2(2017.09.08掲載)

2017.09.05掲載のその1からの続き)

 この速報は,2017.09.05掲載の「(平成30年度公募の要点と申請書の書き方:その1」の続きである.その1と同様に,申請者が多い若手研究と基盤研究(C)のフォーマットを例に,「2 本研究の着想に至った経緯など」をどのように構成していったらいいのか,その案を解説する.なお,その1では「1 研究目的,研究方法など」の書き方の案を示しているので,そちらも参照して欲しい.

1.「2 本研究の着想に至った経緯など」

図1

クリックして拡大

「2 本研究の着想に至った経緯など」の部分には,これまでの申請書ではいくつかの部分に分かれていた内容をまとめてここに書くようになっている(図1).

ただし,「(1)本研究の着想に至った経緯,(2)関連する国内外の研究動向と本研究の位置づけ」に関しては,「1 研究目的,研究方法など」の「(1)本研究の学術的背景」に書く内容とある程度重なってしまう.「背景」には,この研究テーマに関するこれまでの研究経過(そこには国内外の研究動向が含まれるはずだ)と,なぜ申請者がこの研究を行うのか(つまり着想に至った経緯だ)を書かないと,申請する研究計画の意義を示せないからだ.

(1)本研究の着想に至った経緯

申請者がなぜこの研究を計画したのか,どのような経緯で研究計画を思いついたのか,その理由を書く.ただし,だれもが書くような,ありきたりな理由ではだめだ.例えば「新しい抗がん剤の開発が臨まれている」「介護現場での環境改善が必要である」など,世間一般に言われているような理由ではいけない.

申請者のこれまでの研究経験から生じたオリジナルな理由を書いて欲しい.研究計画には必ず,申請者にとってのなんらかの個人的な理由があるはずだ.例えば,私の場合,「これまでグレリンというホルモンの研究を行ってきたなかで,なぜオクタン酸の修飾基が受容体の活性化に必要なのかは不明であった.このことを明らかにするためにはグレリン受容体の結晶構造解析が必要であると考え,本研究を着想した」などだ.申請者がなぜこの研究をやりたいのか,その熱い思いをぜひとも書いて欲しい.

(2)関連する国内外の研究動向と本研究の位置づけ

この研究テーマに関して,国内外の研究者によって,どのような研究がなされてきたか,それを紹介する.このテーマに関して審査委員になりそうな研究者がいれば,さりげなく(!),その研究を引用しておくのもいいかもしれない.

また「1 研究目的,研究方法など」の「(1)本研究の学術的背景」と重複するが,「本研究の位置づけ」としては,このテーマに関して申請者がこれまで行ってきた研究を紹介しておくのがよい.

(3)これまでの研究活動

ここには,申請者がこれまでどのようなテーマの研究を行ってきたかを書く.特に科研費や民間財団の助成金などによって研究を行ってきたのなら,これらの研究費によって,どのような研究成果をあげてきたかを記載する.発表論文があれば,それを示すこと.また「研究活動を中断していた期間がある場合にはその説明」を書くこと.

なお,「若手研究」では同じ内容を「2 本研究の着想に至った経緯など」とは別に,「3 これまでの研究活動」という項目で,独立して1ページ書くことになっている.そこには大学院などでの研究活動を含めて書く.

(4)準備状況と実行可能性

準備状況としては,予備的な実験データが出ていれば,それを紹介しておくのがよい.「このように研究が進展している」ので,本研究計画は「実行可能」だとアピールするのに説得力がある.

また研究計画で使用する試料や機器類などがすでに手元にあるなら,そのことを書いておく.試料や機器類がまだ手元にない場合には,その入手計画や方法を書いて「実行可能性」を示すこと.

〔本書:3章-5.今回の研究計画を実施するに当たっての準備状況及び研究成果を社会・国民に発信する方法(P129)参照〕

2.その他の重要な変更点

その他の重要な変更点は,

  1. 発表年に関わらず業績(発表論文など)を自由に記入できるようになった.
  2. 「研究経費とその必要性」「研究費の応募・受入等の状況」がウェブ入力になった.
ことなどがある.

〔本書:3章-6.研究業績(P132),3章-9.研究経費の妥当性・必要性(P140),3章-11.研究費の応募・受け入れ等の状況・エフォート(P144)参照〕

新しい申請書は,基本的な記載部分では従来のものとそれほど違いはないと感じることだろう.しかし,審査制度の変更によって,基盤研究(B,C)や若手研究では同じ審査委員が2段階で書面審査を行うことになった.そのため,これまで以上に申請書の完成度が重要になるだろう.

〔本書:1章-4.審査のしくみ(P31)参照〕

参考情報

本書関連項目

  • 3章-1.申請書を書く前の注意点「平成30年度の公募から使用される新しい申請書フォーマット」(P91)

これまでの速報

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版〜実例とポイントでわかる申請書の書き方と応募戦略
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +304円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +890円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1140円
第2地帯(ヨーロッパ) +1140円
第3地帯(アフリカ、南米) +1490円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758108485
9784758120692
9784758120746
9784758120784
9784758120791
安価で共培養もできるコラーゲンゲルがお勧め!
www.atelocollagen.co...
世界に冠たるNo.1テキスト、フルカラーで大刷新!(MEDSI)
www.medsi.co.jp/book...

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp