News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

細胞が“力”を測定するしくみ

山口大学理学部 岩楯好昭

胞機能の維持や発現において,シグナルとしての “力(ちから)” の重要性が,最近,注目を集めつつある.この状況は細胞遊走にも当てはまる.細胞性粘菌アメーバを這わせたシリコンシートを1方向にくり返し伸展させ,力を1方向に与え続けると,細胞は伸展とは垂直な方向に運動する (Iwadate, Y. et al.:Biophys. J., 104:748-758, 2013).また,線維芽細胞を左右で

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年3月号 Vol.32 No.4
TRPチャネルで感じるしくみ,動かすしくみ
熱や痛みのセンサー機構解明と創薬の期待

富永真琴/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート