News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

細胞内の塩化物イオン濃度を低下させる薬で神経疾患を治療する

群馬大学大学院医学系研究科 神経生理学分野 平井宏和

経細胞の膜電位形成と活動電位にはカリウムイオンとナトリウムイオンが重要な役割を果たしていることはよく知られている.この2種類の陽イオンに加えて,塩化物イオンも膜電位と活動電位生成に大きな影響をもつ.神経細胞において塩化物イオンはK-Cl共輸送体 (KCC2) によって,カリウムイオンとともに細胞外に排出される (図3A).例えば,細胞外塩化物

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年3月号 Vol.32 No.4
TRPチャネルで感じるしくみ,動かすしくみ
熱や痛みのセンサー機構解明と創薬の期待

富永真琴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート