News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

心不全も炎症性疾患?

九州大学大学院医学研究院先端心血管治療学 岸 拓弥

環器疾患において,慢性心不全は種々の薬剤や非薬物(デバイス・移植など)治療の出現にもかかわらず5年生存率が依然として50%であり,その対策は急務である.なかでも,急性心筋梗塞後は,急性期死亡は救急医療の整備と冠動脈インターベンションや冠動脈バイパス術の進歩により低下したが,その後の経過で慢性心不全になることは避けられず長期予後はきわめて悪い.その機序として,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年10月号 Vol.32 No.16
幹細胞ニッチが見えてきた!
Stem Cellを守り、育てる微小環境

長澤丘司/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート