News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

DNAメチル化はヒトの初期胚で消去される

長浜バイオ大学バイオサイエンス学部 中村肇伸

DNAのメチル化は,DNA配列を変化させることなく遺伝子発現を調節する「エピジェネティック制御」においてきわめて重要である.しかし,ヒトの初期胚におけるDNAメチル化の動態については,解析に十分な量の胚が得られないことや技術的に困難であることから,ゲノムワイドな解析はなされていなかった.

今回GuoらとSmithらは,受精卵から着床後までのヒト初期胚のメチロームを体系的に

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年10月号 Vol.32 No.16
幹細胞ニッチが見えてきた!
Stem Cellを守り、育てる微小環境

長澤丘司/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート