News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

分子シャペロンHSP101が担う
マラリアタンパク質の輸送

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻 養王田正文

ラリア原虫は肝細胞を経て赤血球中に侵入し,寄生体胞の中で8〜32個に分裂するまで増殖すると,赤血球を破壊して血液中に出る.寄生体胞中のマラリア原虫は,さまざまなタンパク質を赤血球細胞質中に輸送し,ヘモグロビンの分解やイオンを取り込むことにより,増殖の栄養を獲得している.マラリア原虫のゲノムにコードされているタンパク質の約8%(約400種類)が輸送されることから,寄生体胞中の無性生殖期はマラリア原虫の

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年10月号 Vol.32 No.16
幹細胞ニッチが見えてきた!
Stem Cellを守り、育てる微小環境

長澤丘司/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート