News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

Chemogeneticな神経活動操作法:DREADD

新潟大学脳研究所 那波宏之

在,脳機能を実験生理学的に解明する手段として,チャネルロドプシンの遺伝子改変動物を使ったオプトジェネティクス(光遺伝学)が流行している.この方法は,特定の神経細胞の興奮・抑制をレーザー光で任意に捜査できるため,システム脳生理学的なブレークスルーを神経科学にもたらす革新技術である.オプトジェネティクスはきわめて高い時間・空間的な特異性を発揮できる神経興奮操作技術ではあるが,侵襲性のあるレーザーを

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年10月号 Vol.32 No.16
幹細胞ニッチが見えてきた!
Stem Cellを守り、育てる微小環境

長澤丘司/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート