実験医学:幹細胞ニッチが見えてきた!〜Stem Cellを守り、育てる微小環境
電子書籍を購入する
実験医学 2014年10月号 Vol.32 No.16

幹細胞ニッチが見えてきた!

Stem Cellを守り、育てる微小環境

  • 長澤丘司/企画
  • 定価 2,000円+税
  • 2014年09月発行
  • B5判
  • 133ページ
  • ISBN 978-4-7581-0132-5
  • 販売状況: 注文可能(在庫なし,電子版あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織幹細胞を静止状態で維持し、適切なタイミングでゆり起こす「幹細胞ニッチ」.近年,各組織でのニッチ細胞・サイトカインの実体が明らかになってきました.幹細胞システムを支える「ニッチ」の本質に迫ります!

《企画者のことば》

…このような特性をもつ組織幹細胞は,発生学や幹細胞生物学において重要であるのみならず,臓器や組織の再生でのツールとなること,多くのがんの発生源となってがん幹細胞と類似していることから再生医学・医療の他,がん研究においても大いに注目されている.さらに,組織幹細胞は,組織の中でしか維持されないことから,組織の中の幹細胞を維持する環境の理解は,幹細胞自身の研究とともに,幹細胞研究において車の両輪をなす.(序にかえてより)

目次

特集

幹細胞ニッチが見えてきた!
Stem Cellを守り、育てる微小環境
企画/長澤丘司
序にかえて─ 組織幹細胞のニッチとは【長澤丘司】
…このような特性をもつ組織幹細胞は,発生学や幹細胞生物学において重要であるのみならず,臓器や組織の再生でのツールとなること,多くのがんの発生源となってがん幹細胞と類似していることから再生医学・医療の他,がん研究においても大いに注目されている.さらに,組織幹細胞は,組織の中でしか維持されないことから,組織の中の幹細胞を維持する環境の理解は,幹細胞自身の研究とともに,幹細胞研究において車の両輪をなす.(序にかえてより)
造血幹細胞を維持する骨髄のニッチ【長澤丘司/尾松芳樹/杉山立樹】
成体の骨髄は,すべての血液細胞が造血幹細胞より産生される場であり,近年,ニッチ(niche)とよばれる造血幹細胞を維持する特別な微小環境が注目されている.2003年に骨内膜の骨芽細胞の一種が造血幹細胞ニッチを構成するという骨内膜ニッチ説が提唱され,広く受け入れられたが,骨内膜ニッチが重要であるという根拠は十分でないことがわかってきた.その一方で,血管内皮細胞(血管ニッチ説)や,CXCL12とSCFを高発現し長い突起をもつ骨芽細胞・脂肪細胞前駆細胞であるCAR (CXCL12-abundant reticular) 細胞は,造血幹細胞・前駆細胞ニッチを構成することが証明されている (細網ニッチ説).最近,フォークヘッドファミリーに属する転写因子Foxc1がCAR細胞で高発現すること,発生の過程でCAR細胞をニッチとして働かせるとともにニッチとしての機能を維持し,脂肪細胞への分化を抑制していることが報告された.この発見により,哺乳類ではじめて幹細胞ニッチに特化した細胞系列が存在すること,その形成と維持の分子機構が明らかになった.
さまざまな生命現象と造血幹細胞機能をリンクさせるシステミックシグナル【武市真希子/中田大介】
個体の恒常性を維持するためには,個体のおかれた状況に応じて各組織が全身性のシステミックなシグナルに応答し,組織の機能を調整する必要がある.このシステミックなシグナルは分化した組織機能を担う細胞に働きかけることで組織を調整するが,最近の知見から組織幹細胞とそのニッチにも作用し,組織の挙動に大きな影響を与えることが明らかになりつつある.哺乳類生体骨髄にある造血幹細胞はすべての血液細胞を生み出す未分化細胞であり,生涯にわたって血液細胞が枯渇することなく維持されるためにその分裂や分化が適切に制御されることが必要である.本稿では造血幹細胞とその幹細胞ニッチが造血器への損傷や免疫反応,さらには摂食,概日リズム,妊娠等の造血とは直接かかわりのない変化の際,システミックな刺激に応答するメカニズムを,当研究室の成果も交えて紹介する.
毛包の幹細胞とそのニッチ【毛利泰彰/西村栄美】
毛の再生は日常的に起こる身近な現象である.日々新しい毛が生えては抜け落ちるという,われわれにとってありふれた再生現象のしくみの解明が進んでいる.皮膚の付属器である毛包の中に存在する毛包幹細胞と色素幹細胞,そしてさらにはこれらを取り巻く種々のニッチ細胞が,細胞間の相互作用を通じて,周期的な再生を担うことが明らかになってきており,黒髪の再生に向けて期待が高まっている.本稿では,ニッチによる毛包幹細胞と色素幹細胞の制御機構を中心に最新の知見を含めて紹介する.
腸管上皮幹細胞とそのニッチ【佐藤俊朗】
腸管上皮は体内で最も速い新陳代謝を示す組織であり,その再生力は腸管上皮幹細胞の増殖により発揮されている.近年,腸管上皮幹細胞が同定され,単一の幹細胞から上皮組織構造を再構成する技術が開発された.こうした技術を利用した幹細胞動態の解析により,ニッチによる腸管上皮幹細胞の維持制御機構が解明されつつある.本稿では腸管上皮幹細胞とそのニッチに関する最近の動向を中心に解説する.
マウス精子幹細胞の動態からニッチの本質を考える【吉田松生】
幹細胞研究は今,革命を迎えている.組織の中の幹細胞の挙動を時間を越えて一細胞レベルで追跡し,数理統計学的に解析することが可能となったのだ.垣間見えてきたのは,「勝手気まま」 な振る舞いをする幹細胞の姿である.幹細胞は実はそれほど特別な存在ではなく,生体組織の中でくり広げられる細胞集団のダイナミクスとして捉えるべきものかもしれない.当然,幹細胞ニッチの役目も考え直すことになる.本稿では,マウス精子幹細胞のダイナミクスとニッチを改めて考察した.
がんの発生・進展を促すニッチ細胞【榎本将人/井垣達吏】
がん組織は上皮細胞,線維芽細胞,炎症細胞,血管構成細胞などさまざまな種類の正常細胞/変異細胞からなっており,性質的にも遺伝的にも不均一な細胞集団を形成している.がん微小環境におけるこのようなヘテロな細胞集団内の細胞間コミュニケーションは,がんの発生・進展に重要な役割を果たすと考えられるが,その分子メカニズムについてはいまだ不明な点が多い.ショウジョウバエ遺伝学を用いた最近の研究により,前がん組織中の一部の細胞が突然変異等によってがん原性の 「ニッチ細胞」 に変化し,周辺組織の腫瘍形成・悪性化をひき起こすという現象が存在することがわかってきた.がんニッチ細胞ともいうべきこのような変異細胞の動作機序とその普遍的役割を明らかにすることで,細胞間コミュニケーションを介したがん制御の新たな理解につながる可能性がある.

トピックス

カレントトピックス
生体膜リン脂質の脂肪酸組成が多様化するメカニズムと意義【原山武士/清水孝雄】
2つのセマフォリンによる逆行性シグナルが発達期シナプス刈り込みを制御する【上阪直史/狩野方伸】
繊毛局在キナーゼICKは細胞種特異的な繊毛形成と繊毛内輸送の制御に必須である【茶屋太郎/大森義裕/古川貴久】
リン酸化ユビキチンは新しいパーキンソン病発症の抑制因子である【小谷野史香/松田憲之】

連載

【新連載】日本のサイエンスを担う これからのリーダーの条件を求めて
第1回 ライフサイエンスにおけるリーダー像【インタビュー:岸本忠三】
【新コーナー】未来をつなぐ風
新しい研究領域が創るサイエンス! 〜「新学術」代表者の声から
クローズアップ実験法
はじめての超解像イメージング【岡田康志】
【最終回】NGS データ解析 集中講義
こんなに簡単! NGS解析【遠藤高帆】
統計の落とし穴と蜘蛛の糸
確率変数と確率分布をもって山門をくぐる【三中信宏】
DR 〜既存薬が新薬に生まれ変わる温故知新のサイエンス!
DRのメリット,現状,課題【水島 徹】
私のメンター 〜受け継がれる研究の心〜
Josef M. Penninger─Discoverer & Innovator 両方の才を兼ね備えた天才科学者【花田俊勝】
ラボレポート ─独立編─
米国での「stay put」な独立キャリアパス ─Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School【柏木 哲】
Opinion ─研究の現場から
「伝える」から「伝わる」科学報道へ【白井福寿/山元孝佳/馬谷千恵/村山 知/有馬陽介】

関連情報

特集 Online Supplemental Data

  • [1] GFRα1-EGFPマウス生体の精巣で観察されたGFRα1+精原細胞の活発な動き
  • 吉田松生
  • ※ 2570ページ参照
  • 12秒 2014年9月19日公開
  • 説明:タイムスケールは,日,時間,分で表示(Hara K, et al:Cell Stem Cell, 14:658-672, 2014より転載)
  • GFRα1-EGFPマウス生体の精巣で観察されたGFRα1+精原細胞の活発な動き
  • ※本動画の著作権者および株式会社羊土社の許可なく複製,公衆送信,修正・変更,商業的に利用したり,第三者のウェブサイトに掲示・転載することは,著作権の侵害とみなされますのでご遠慮下さい
  • ※通信環境やご利用のブラウザの種類などのアクセス環境によっては動画が乱れることがあります.予めご了承ください

本書中に掲載された広告をご紹介します.より詳細な資料を希望される方は,こちらのページから資料請求いただくことができますので,該当企業にチェックを付け,下記の「資料請求する」をクリックして,資料の送付先をご入力ください.

掲載広告一覧・資料請求

旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ(株)  [前付14]詳細
岩井化学薬品(株)  [後付8]詳細
エッペンドルフ(株)  [記事中2622]詳細
(株)オンチップ・バイオテクノロジーズ  [前付5]詳細
化学情報協会  [表2]詳細
(株)高研  [表3]詳細
CSTジャパン(株)  [前付2]詳細
住友ベークライト(株)  [前付7]詳細
セティ・メディカルラボ(株)  [前付6]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
テカンジャパン(株)  [前付4]詳細
(株)トーホー  [前付13]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)ニチリョー  [前付1]詳細
(株)ニッピ  [後付1]詳細
プロテノバ(株)  [後付9]詳細
メルク(株)  [前付3]詳細
ライフテクノロジーズジャパン(株)  [表4]詳細
ワトソン(株)  [前付8]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:幹細胞ニッチが見えてきた!〜Stem Cellを守り、育てる微小環境
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758103237
9784758101837
9784758101899
9784758122030
9784758100915

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker