News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

巨大転写因子(MegaTrans)複合体によるエンハンサーの活性化

埼玉医科大学ゲノム医科学研究センター 黒川理樹

性幹細胞やがん細胞の特異的遺伝子発現に,多数のエンハンサーがクラスターを形成するスーパーエンハンサーモデルが提示されている(図1A).これに対してカリフォルニア大学サンディエゴ校のRosenfeldらは,単一のエンハンサーに女性ホルモン・エストロゲン受容体(estrogen receptor α:以下,ER)とレチノイン酸受容体(retinoic acid receptor α/γ:以下,RAR)などから成る分子量200万(2Mega Dalton)に及ぶ

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年1月号 Vol.33 No.1
シングルセル生物学
明らかとなる複雑な細胞社会

渡辺 亮/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート