News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

生物発光タンパク質センサーを用いた薬剤のモニタリング

東京工業大学資源化学研究所 董 金華,上田 宏

薬中患者の血液中薬剤濃度モニタリングは,その薬剤の効果と毒性とのバランスを維持するために大変重要である.もし自宅で,あるいは患者のすぐそばで血液中の薬剤濃度測定ができれば治療効果の評価に役立つが,現状では薬剤濃度の測定は高価な装置を設けた検査所が必要となる.そういった問題点を解決するため,スイス連邦工科大学ローザンヌ校のKai Johnssonらは微量の血液から薬剤の濃度を正確に測定可能な生物発光タンパク質センサーを開発した.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年3月号 Vol.33 No.4
生体バリアの破綻と疾患
皮膚・粘膜におけるミクロの攻防から読み解く炎症、アレルギー、感染症

長谷耕二/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート