News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

視床下部の体温中枢で温度センサーとしてはたらくタンパク質

東京大学大学院農学生命科学研究科 宮道和成

乳類において深部体温は,外界の気温の変化にかかわらず37℃前後の非常に狭い範囲に維持されている.体温の恒常性はどのように維持されているのだろうか.脳における体温制御の中枢は,古典的な研究から視床下部の視索前野に存在すると考えられている.視索前野は末梢で感知された温度の情報を集約するのみならず,自ら温度感受性のニューロンを備えている.この温度感受性ニューロンが体温上昇を検知すると,体温を低下させるためのさまざまな反応が引き起こされる.しかし,この体温制御中枢における温度センサーの分子的実体は長年の謎だった.またこの中枢のニューロンを遺伝学的に操作するためのマーカー遺伝子が知られていなかったため,さまざまな体温調整の機構がどのような神経回路や神経内分泌によって引き起こされているのかもよくわかっていない.最近,これらの問題のブレイクスルーとなる論文が報告された.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年3月号 Vol.35 No.4
がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!
バイオマーカーの確立、治療抵抗性機構の解明による個別化がん免疫療法へ

柴田龍弘/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート