News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

代謝中間体の修飾を担ういち酵素ががんの標的分子となり得る?!

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

2014年,Chenらは,アセチルCoAアセチルトランスフェラーゼ1(ACAT1:ケトン体の生成に関与する代謝酵素であり,2分子のアセチルCoAをアセトアセチルCoAとCoAに変換する活性を有する)によるピルビン酸デヒドロゲナーゼ(PDH)およびPDHホスファターゼ(PDP1)のアセチル化の昂進が,ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体(PDC)の不活化を誘起し,ピルビン酸の消費を酸化的リン酸化(TCAサイクル)から乳酸産生(解糖系)へと切り替えることにより,嫌気的条件下におけるがん細胞の増殖を促進することを見出した1).その時点では,がん細胞におけるACAT1の活性化機構は不明であったが,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年3月号 Vol.35 No.4
がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!
バイオマーカーの確立、治療抵抗性機構の解明による個別化がん免疫療法へ

柴田龍弘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート