News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

もっと光を!T細胞の光感受性

マサチューセッツ総合病院/ハーバード大学 柏木 哲

命体はさまざまな方法で日光を利用しており,ヒトでも紫外線によるビタミンD合成,近赤外線による抗炎症や鎮痛効果など研究の進んでいる分野もある.適度な日光暴露は自己免疫疾患やがんの減少など免疫に関連した疾患に影響することが知られているが,視覚以外の光受容システムやシグナル伝達などは未解明のままである.米国ジョージタウン大学のグループは,低用量の青色光にT細胞運動性増強作用があるという興味深い報告をしている(Phan TX, et al:Sci Rep, 6:39479, 2016).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年3月号 Vol.35 No.4
がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!
バイオマーカーの確立、治療抵抗性機構の解明による個別化がん免疫療法へ

柴田龍弘/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート