News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

国際化する未診断・希少疾患研究の今-The 4th Conference of the Undiagnosed Diseases Network Internationalに参加して

ベイラー医科大学分子人類遺伝学部 山本慎也

Diagnostic Odysseyという言葉をご存知であろうか.これは原因不明な希少・未診断疾患を患っている患者さんやその家族が診断(Diagnosis)を得るまでの多大な時間・苦労を長い旅路(Odyssey)に例えたものだ.希少疾患の定義は国によって異なるが,おおむね2,000人に1人以下の病気である.一つひとつの希少疾患は文字通り希少であるが,これまでに7,000種類を超える希少疾患が報告されており(https://rarediseases.info.nih.gov/diseases),合計すると10人に1人の割合で何らかの希少疾患をもっている計算になる.多くの希少疾患には根本的な治療法はなく,それ以前に原因すらわかっていないことも多い.また症例が珍しいためその疾患の専門家がいる大病院でないと確定診断がつかないことも珍しくなく,多くの患者さんは自分が一体何の病気なのかという答えを求め多くの病院を廻ることとなる.ある統計では希少疾患の患者さんが診断を得るまでに平均で8カ所の病院を巡り7年半の歳月を費やすという,名前の通り長いOdysseyである.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年3月号 Vol.35 No.4
がん免疫療法×ゲノミクスで変わるがん治療!
バイオマーカーの確立、治療抵抗性機構の解明による個別化がん免疫療法へ

柴田龍弘/企画

新刊・近刊  一覧

研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス
レドックス疾患学
理系総合のための生命科学 第4版
がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む
総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート