News & Hot Paper Digest
トピックス

覚醒を促進する呼吸制御中枢のニューロン

東京大学大学院農学生命科学研究科 宮道和成

年のニューロサイエンス分野では,遺伝子の発現プロファイルを利用することで古典的な分類を越えてニューロンを細分化し,それぞれの特異的な機能を調べる研究がさかんである.ここで紹介するのは,呼吸制御の中枢である脳幹のプレベツィンガー複合体という領域のなかに,覚醒と沈静(興奮した状態と落ちついた状態)のバランスといった高次脳機能を制御するニューロンを発見したという報告である(Yackle K, et al:Science, 355:1411-1415, 2017).呼吸は,単に酸素をとり入れ二酸化炭素を排出するための運動にとどまらず,心身の機能に大きな影響をもつことが古来から認識されており,仏教の禅や,ヨーガ,武術などにおいても呼吸法の重要さが説かれている.しかし,呼吸が高次脳機能に影響を与えるメカニズムの報告はあまりされてこなかった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 実験医学 2017年9月号 Vol.35 No.14
知られざるp53の肖像
がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで

大木理恵子/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート