News & Hot Paper Digest
トピックス

求む! キラーT細胞ー腫瘍内部へと導くメカニズム

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

疫チェックポイント阻害では,効果がある場合はがんの縮小と延命効果が長期にわたり持続することが知られており,免疫力が増強できればがんの治癒も達成可能として近年注目度の高いがん免疫療法であるが,現在のところ奏効率は20〜30%と低いことが最大の問題である.この低い奏効率を上昇させることができれば,画期的なブレークスルーとなるであろう.シカゴ大学のGajewskiらは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 実験医学 2017年9月号 Vol.35 No.14
知られざるp53の肖像
がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで

大木理恵子/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート