News & Hot Paper Digest
トピックス

ヒストンH3のメチル化抑制が脂質代謝を介して線虫を長寿にする

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

ロマチン修飾と代謝が寿命に影響することは知られていたが,この2つの要因の関係は謎であった.線虫C. elegansでヒストンH3の4番目のリジン残基のトリメチル化(H3K4me3)を触媒する,COMPASS(complex of proteins associated with set1)複合体(以下,COMPASS)のMTF(メチルトランスフェラーゼ)を欠損させると寿命が伸長することが知られていた.今回Hanらは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 実験医学 2017年9月号 Vol.35 No.14
知られざるp53の肖像
がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで

大木理恵子/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート