News & Hot Paper Digest
トピックス

ヒストンH3のメチル化抑制が脂質代謝を介して線虫を長寿にする

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

ロマチン修飾と代謝が寿命に影響することは知られていたが,この2つの要因の関係は謎であった.線虫C. elegansでヒストンH3の4番目のリジン残基のトリメチル化(H3K4me3)を触媒する,COMPASS(complex of proteins associated with set1)複合体(以下,COMPASS)のMTF(メチルトランスフェラーゼ)を欠損させると寿命が伸長することが知られていた.今回Hanらは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 実験医学 2017年9月号 Vol.35 No.14
知られざるp53の肖像
がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで

大木理恵子/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート