News & Hot Paper Digest
トピックス

GCリッチな反復配列を含むRNA分子の相転移が神経疾患の原因となる?

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

CAG配列(ハンチントン病や脊髄小脳失調症),CTG配列(筋ジストロフィー)あるいはC9orf72遺伝子のイントロン内に存在するGGGGCC配列〔家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭型認知症(FTD)〕の反復回数の増加は,括弧内に示すさまざまな疾患の原因になると考えられている.興味深いことに,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 実験医学 2017年9月号 Vol.35 No.14
知られざるp53の肖像
がん抑制/促進の二面性からアイソフォームの機能、標的遺伝子の選択機構まで

大木理恵子/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート