News & Hot Paper Digest
トピックス

がん細胞によるがん細胞のためのニッチ

ボストン大学歯学部 妹尾 誠

常な幹細胞は,自己増殖と細胞分化をくり返すことで組織の発生や再生に貢献する.この際に幹細胞が増殖するか分化するかを切り替えるしくみについて,近年さかんに研究が行われている.特に注目されているのが,幹細胞をとり巻く微小環境,すなわち幹細胞ニッチによる制御である.幹細胞ニッチとして作用する細胞には複数の種類が知られているが,いずれも幹細胞に隣接するという特徴をもつ.これは,幹細胞の増殖や分化の制御は遠隔操作ではなく,むしろ比較的近位で行われていることを示唆している.これまでによく研究されている幹細胞制御シグナルの代表例として,Notch,Bmp,Wntシグナルなどがあげられる.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年10月号 Vol.35 No.18
オルガノイド4.0時代
小さな臓器が拓く次世代研究のデザイン

武部貴則/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート