News & Hot Paper Digest
トピックス

ゲムシタビン耐性は細胞内CTP合成の亢進により引き起こされる

金沢大学がん進展制御研究所 河野 晋

ムシタビンは,膵臓がんをはじめとしたさまざまながんの化学治療に汎用されている.しかしながら,ゲムシタビン単剤の客観的奏効率は9.4%と高くはないため(Conroy T, et al:N Engl J Med, 364:1817-1825, 2011),近年ではFOLFIRINOXとよばれる多剤併用療法が普及している.多剤併用療法は,ゲムシタビン単剤より生存利益があるために治癒切除不能な膵がんに適用されているが,有害事象の発生もより多いことや,治療に無反応な患者も存在することから,ゲムシタビン単剤療法の改善が臨床的に求められている.これまでに,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年10月号 Vol.35 No.18
オルガノイド4.0時代
小さな臓器が拓く次世代研究のデザイン

武部貴則/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート