News & Hot Paper Digest
ニュース

幹細胞・再生医療研究におけるメディア報道への意識

成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科 標葉隆馬

速な発展を見せる幹細胞・再生医療研究では,理化学研究所の髙橋政代プロジェクトリーダーらによる加齢黄斑変性症に対するiPS細胞を用いた臨床研究が進むなどの成果が表れつつある.大きな期待感のなかで研究が営まれている一方で,再生医療等提供計画の提出を行わない医療行為の事件も生じており,日本再生医療学会が緊急声明を出すなどの対応がなされたことは記憶に新しい.幹細胞・再生医療研究への期待が増すなか,現実の研究活動や治療への道筋の実態をどのように社会と共有していくのかが課題となっている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年10月号 Vol.35 No.18
オルガノイド4.0時代
小さな臓器が拓く次世代研究のデザイン

武部貴則/企画

新刊・近刊  一覧

研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス
レドックス疾患学
理系総合のための生命科学 第4版
がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む
総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート