News & Hot Paper Digest
トピックス

プロテオームの革命児の発見

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻  養王田正文

乳類の赤血球は酸素の輸送に特化した細胞であり,そのプロテオームの98%がヘモグロビンで構成されている.赤芽球細胞の多様性のあるプロテオーム社会から,この特殊な単一的なプロテオーム社会への変革がたった1種類の革命分子により引き起こされていることが明らかになった(Nguyen AT, et al:Science, 357:doi: 10.1126/science.aan0218, 2017).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年10月号 Vol.35 No.18
オルガノイド4.0時代
小さな臓器が拓く次世代研究のデザイン

武部貴則/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート