News & Hot Paper Digest
トピックス

NgAgoはRNA切断酵素か?

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

年10月号の同コーナーで「NgAgoは第4世代ゲノム編集技術か?」という文章を寄稿した.去年7月に中国・河北科技大学より報告された論文によると,高度好塩性古細菌より同定したArgonaute(NgAgo)タンパク質は,5′リン酸化ssDNAをガイドとしてDNAを切断し,この性質を利用してヒト培養細胞のゲノム編集が可能だと報告した1).もしこれが本当であれば,画期的な新世代ゲノム編集技術である.しかしながら,報告直後からインターネットフォーラムでは追試に疑問が呈されてきたため,再現性に関しては「半年以内に何らかの結論が論文として出てくる」と私は記事のなかで予想していた.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年11月号 Vol.35 No.18
造血研究―新時代への挑戦
複雑・精緻な血液システムに迫る

石川文彦/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート