News & Hot Paper Digest
トピックス

電子顕微鏡でDNAを染色する方法を開発 核内のDNAの存在様式を可視化

国立遺伝学研究所 木村 暁

過型電子顕微鏡(TEM)は試料に波長の短い電子線をあてることにより,高分解能で電子透過率の空間分布像を得る技術であり,細胞内の微細な構造の可視化に威力を発揮する.TEMはその原理上,電子透過率の差で像にコントラストをつけるため,細胞内の構造を特定するには,目標の構造物に重金属等を付着させる手法が用いられる.例えば,四酸化オスミウム(OsO4)や酢酸ウラニル,鉛を作用させると種々の生体高分子のコントラストが上がる.しかしながら,DNA特異的にTEMでのコントラストをあげることは容易ではなかった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年11月号 Vol.35 No.18
造血研究―新時代への挑戦
複雑・精緻な血液システムに迫る

石川文彦/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート