News & Hot Paper Digest
トピックス

タンパク質をイチからデザインして創る時代の分子標的治療

東京工業大学・細胞制御工学研究センター 田口英樹

人のDavidがタンパク質の計算科学分野でゲームチェンジャーとしてブレイクスルーを引き起こしているのをご存じであろうか.一人はDavid Shawでタンパク質の分子動力学(MD)シミュレーション専用のスパコンを自ら開発し,桁違いに長時間のMD計算を可能とした.もう一人はDavid Bakerで,イチからタンパク質の立体構造を創り上げるde novoタンパク質デザインで革新を続けている.今回はBakerらが最近立て続けに報告した研究を紹介したい.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年12月号 Vol.35 No.19
少数性生物学ってなんだ?
少数の因子が生命システムを制御する

永井健治/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート